2015年11月19日

CCJ カポエイラ 新潟 講習会

先日は2年振りなる
CCJカポエイラ新潟支部講習会でした。

濃厚な稽古を楽しみました。

さて、前回の東京講習会の時に書いた記事の続きです。


『カポエイラには試合があり、勝敗もある』 〜試合に勝って勝負に負ける〜



まずカポエイラの用語を日本語に訳す時点で本来の意味からニュアンスがずれてしまいます。
極力近い意味になるようにしていますが、これが全てではありません。
一番は見学なり体験するのをお勧めします。

それを踏まえて

試合があり、勝敗を決めると書くと少し誤解が生まれそうですが、安易に試合も無く勝敗も決めないとも言い切れないので、中立的にとらえてみます。

カポエイラにはRODA(ホーダ)と呼ばれるカポエイラ家の集会のようなものがあります。

ここではJOGO(ジョーゴ)と呼ばれるゲームを皆でします。

英語にするとPlayですので、『遊び』になるかと思います。

このゲームで二人のプレイヤーが技術を試し合う試合をします。

審判がいるわけではなく、プレイヤーが技の駆け引きを楽しみながら、ゲームの内容を競います。

より巧みにゲームを支配した方が言わば勝ちなのですが、最後の最後に逆転する事もあります。

決してうまい方が勝つのではなく、油断した方が負けてしまう事が多いです。

先にも書きましたが、一般的な格闘技の試合のように、審判がいて第三者が白黒はっきりさせるのではありません。

ジョーゴを楽しむのが目的ですから、ホーダに参加している皆で作り上げて初めて良い試合が出来る訳です。

一般的なルールをざっくり言えば、参加する人に制限はありませんから、筋骨隆々の大男同士の激しいゲームから、子供同士の可愛いゲームまで全てを受け入れられる状態である事。

あとは参加者同士がお互いをリスペクトしていれば理想的です。

勝敗の結果が全てではなく、勝ち負けにこだわるのでもなく、一番重要なのはゲームの内容で、将棋のように頭を使い、体を駆使して隙を突き、果敢に攻めたり守ったりする事が醍醐味です。
ゲームといっても本気でやっていますから、エキサイティングになる事はよくあります。

勝たなければ意味がない設定になれば、勝つためには手段を選ばなくなるだろうことは想像できます。

賞金がかかっていればなおさらがも知れません。

勝つ事だけを目的にするのはどうも良くなさそうです。




近年、審判の居る競技大会も開かれていますが、元々の発祥時には無かったものです。カポエイラの人口が増えればこういった取り組みが産まれるのは自然なことかと思います。

しかし、ストリート時代は競技よりも激しかったとよく聞きます。

どこまでがゲームなのかの境界線がありませんので、とことんやれば怪我をする事もあります。

これはスポーツと言えど、重大な事故が起こる事に似ているのではないでしょうか。

より安全に誰でも参加できる楽しい場を設ける事は簡単ではありません。

それを可能にする事が出来るのが現代のカポエイラのホーダであり、老若男女ジョーゴを楽しめる理由ではないかと思います。

相手を一方的に打ち負かす事が勝利ではなく、互いを尊重するなかで技術を競い合えれば、誰でも楽む事が出来ると思います。

勝ちにも上、中、下の勝ちがあると何かで読んだことがあります。

調べてみたら、

戦いは五分の勝ちをもって上となし、七分を中とし、十を下とす (武田信玄) でした。

引き分けるくらいが次のやる気に繋がり、七分くらいだと油断が生まれ、快勝だとおごりが出て次はあっさり負けてしまったりする。

たくさんゲームをする事で、色々経験して成長していく過程がまた面白いです。


スポーツにしろ何にしろ、皆が楽しめる環境というのが理想的なのではないかと思います。

kome.jpg
昔の人はこの時点で勝ちです。笑
posted by メストレ サムライ at 23:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カポエイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

マッサージ クッション

ミイラ取りがミイラにみたいな話ですみません。

マッサージはしてあげるのはいくらでも出来るようになりましたが、自分もして欲しい〜

という事で、いろいろお店で試して、これだ〜!というのに出会ったので紹介しておきます〜

色々なシリーズがあって、スペースや持ち運び、価格的にこれくらいならというのを購入してしまいました。

安くはないですけどね。

DSC_4142-2.jpg

わが家の仕事チェアーに合わせてブラウンを購入

背中に当たるコロコロが小さめで、玉が二倍、当たりも優しくてヒーターまで付いてます。

最近のは進化していてうれしいですね。

腰はもちろん、背中や肩もいけるので良い感じ。



これの叩き機能付きもあったのですが、高いかなと思ってやめましたが、かなりお勧めですねこれ



あて
posted by メストレ サムライ at 23:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

カーザメント

昨日は月例東京講習会の後に

CCJカポエイラ協会東京所属メンバー同士の結婚パーティーがありました。

会場はホテルニューオータニの宴会場

二次会とはいえ、着席ビュッフェでご家族もお見えになるという事を当日知り、乾杯の挨拶を真面目にしようかどうかと悩ましたが、乾杯の挨拶中にその場で聞いてしまおうと、成り行きに任せました。笑


20151102232052632.jpg


会の始まりから堅苦しいのもあれでしたので、ゆるく挨拶させていただきました。

許していただければ幸いです。


新郎は2002年に入会

新婦は2010年に新郎の紹介で入会

その時からこうなる運命だったのだと思います。

新婦は本気か嘘かは分かりませんが、5年間待ちましたと話していました。笑

二人のお人柄か、たくさんの仲間が集まり、終始和やかで刺激的な時間を過ごすことができました。

ご家族にも生のカポエイラを見て頂けたので良かったのではないでしょうか。


とても素敵なパーティーでした。


末長くお幸せに


アテローゴ




レバド君 ラバデイラさん

二人合わせてレバデイラ♪


posted by メストレ サムライ at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カポエイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

東京講習会

今日は月に一度の東京講習会

その後は会員さんの結婚式二次会

なんともめでたい日であります。

さて、昨夜の稽古に上がった話題を少し機内で書いてみます。

『上虚下実』という身体感覚

分かりやすく言えば上は力みなく、下は充実している感じです。

身体感覚は説明すればするほど浅くなりますが、少しでも理解を深めてほしいですから、稽古中私はこういう感覚ですとその場で説明しています。

言葉の意味はGoogleで検索すれば、分かりやすい説明がいくつも出てくるかと思いますので、一度調べてみるのも良いと思います。

話を戻して

普段の稽古では、体操の最後にするバナネイリーニャや、腕立て伏せをしている時の身体操作が、これを鍛えるのにうってつけです。

詳しいポイントは稽古で私に聞いてください。

さて、上虚下実の注意点をまず3つ

@肚に力を入れる
A呼吸を止めない
B肩の力を抜く

細かく説明すると
@ 鼻から大きく息を吸い、はぁ〜っと息を吐きながらお腹の底(肚)に力を込めていきます。

A @で入れたお腹の力を抜かずにまた鼻から息を吸い、呼吸を続けます。

B 吐くときに肩の力を抜き、腕がだらーんとなるように意識します。

これで一先ずできました。

バナヌイリーニャに入る時はこんな感覚です。

やりながら腹の力を鍛えてください。

あくまでも私の感覚的な説明ですので、へー
と聞き流して貰って結構です。ちなみに普段はオフにしている事が多いです。笑


これとは別にもう1つ大事なことを説明しました。

多少関連するのですが、気を抜かない状況の話

大事な場面だけではなく、集中している時は、上虚下実のように肚が座り、呼吸も落ち着いた状態が望ましいという事

気を抜いて肚が緩んでいたり、姿勢が崩れてだらっとしている状況は、全くもって望ましく無いという事

こうやって機内で記事を書いていますが、客室乗務員の皆さんはキッとしていて引き締まっています。着陸してお客様を見送るまで気を引き閉めている事でしょう。

勘違いしてほしくないのですが、段階的な話ですので、最初の段階としてこう言った肚に力が入っていて充実した感覚があるという事に慣れて頂ければ幸いです。

段階的とは?と疑問に思うかもしれませんので、レストランで働いている人で例えると、最初の段階がウェイターやウェトレスです。

そして次の段階がフロアーリーダー、店長、オーナー、更に上があれば会長などと役職が上がっていくにつれて、立ち居振舞いが変わってきます。

なんとなく雰囲気を真似してみてください。

肚の座りどころがちがい、呼吸の仕方や声の出し方まで役職で違うのではないでしょうか。

今もベテランであろうCAの方が、朝日が差し込み眩しいだろうと目で合図をしてくれて窓を閉めてくれました。

経験を積めば積むほど、周りが見えてきます。心を込めた時間が長い人ほど、肚は決まり、目線は高くなります。

稽古を真面目にやればやるほどどうなるかは明確です。

20151101095000248.jpg

機内のモニターの写真ですが、座る姿勢からも伝わってきますね。

さて、機内サービスが始まりましたのでこの辺で。

次回は勝敗について書こうと思います。


『カポエイラには試合があり、勝敗もある』 〜試合に勝って勝負に負ける〜



アテローゴ
posted by メストレ サムライ at 10:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カポエイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする