2016年04月29日

2016年GWに思うこと

先日ある方とお話しをしていて

高校、大学と重量挙げ選手でした。

と。

引退して

12kg太り、6kg痩せて、仕事のストレスで体調はあまり優れない。

選手時代の怪我

肩のあ脱臼数回

両足首の捻挫数回

腰の筋肉の断裂(多裂筋かな)

ヘルニア

たいした治療もせずに過ごしてきたそうです。

スポーツに限らずですが、ある目的の為に無理をする。

上を目指せればどんどん無理をして高みを望みます。例え怪我や病気をしても気合いで乗りきろうとします。

世の中には色々なタイプの人がいますから、そう言う攻め方も男前で良いと思います。

しかし、そういった飛び抜けた能力を良しとする業界は、一部の人間以外は負け組ですよね。

身体を壊し、歳をとった時にやっと気が付きます。

生涯スポーツなら、楽しむわけですから、攻めきる必要はありません。

昨今のカポエイラ界しかり、身体能力ばかり注目されては、総合力に欠けてしまいます。

文化や教育、芸術的側面こそ本質であり、派手な肉体表現に目がいくと、技がすごい方がよくなってしまいます。

勿論挑戦できるのであればすれば良いし、その年齢を過ぎているとしてもやり方はあります。

老若男女、あらゆる面から取り組める

それがスポーツの楽しみ方ではないでしょうか。

なにもせずに書きなぐっても意味はありませんので、自分で体現しなからこの道を歩もうと思います。

あて

posted by メストレ サムライ at 09:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック